会社沿革

昭和27年 3月 青果仲卸として創業。
昭和42年 4月 有限会社 上福岡物産を設立。
横浜北部市場内に営業事務所を開設。
5月 大手スーパー向け、産直部門立ち上げ。
昭和45年 7月 大手スーパー向け青果パッケージ部門立ち上げ。業務用カット野菜の製造を開始。
昭和58年 6月 横浜南部市場内に営業事務所を開設。
昭和62年 4月 有限会社から株式会社に変更。
5月 所沢青果市場内に仲卸店を開設。
平成 3年 12月 豊島市場内に営業事務所を開設。板橋市場内に営業事務所を開設。
平成 5年 3月 大手量販店向けに総菜部門を立ち上げ。調理目的に合わせた加工用キットの販売を開始する。
平成 6年 5月 川越中央青果市場内に仲卸店を開設。
平成 7年 3月 大手コンビニエンスストア向けに加工部門を立ち上げ。
平成 8年 12月 所沢青果市場内の仲卸店撤退。
平成11年 12月 川越工場を開設。
大手コンビニエンスストア向けに青果パッケージ部門を立ち上げ。
平成12年 9月 川越中央青果市場内の仲卸店撤退。
平成13年 10月 グループ内の業務再編で横浜北部、南部、豊島、板橋の各営業所をグループ会社・株式会社 上福岡青果市場に移管。
平成14年 5月 本社機能を川越工場に移管。
6月 業務再編及び老朽化のため、旧本社を閉鎖。川越工場を本社とする。
平成16年 11月 排水処理施設完成。処理能力:100t/日 中小企業としては県下3例目。
平成17年 3月 ブランチング機導入。野菜のボイル工程開始。
平成18年 4月 病院向部門立上げ。
10月 学校・産業給食向部門立上げ。
平成20年 11月 惣菜加工免許取得。各種惣菜向けキット販売を開始。
平成22年 7月 食肉・魚介類加工免許取得。天ぷらキット等の各店小分けを対応。
平成26年 12月 プレハブ冷凍庫 稼動。
平成27年 3月 AED導入、導入に伴う講習会実施。
平成28年 1月 異物除去洗浄機KWM-888SJ型導入、(レタス洗浄、千切りキャベツ等の洗浄)
5月 スイートアクア導入(ハサップ水生成装置導入しました。)
10月 TV朝日 ニュース番組 報道ステーション、羽鳥慎一モーニングバードにて放映されました。
12月 新・排水処理システム稼動 1日180tの処理能力